重症成人喘息・合併症のある方へ

第16回成人喘息ゼミナールの申し込みは、68名に達しました。定員80名まで、あと12名を追加募集することに、旅行会社と事務局と私とで、決定しました。

4月7日金曜日まで申し込み必着です。その後は受付できません。

私の講演テーマは「喘息と健康長寿に関する新しい進歩」です。

① 昨年の金沢医科大耳鼻科教授・三輪高喜先生(好酸球性中耳炎・副鼻腔炎の日本の権威)も、まだお話できなかった「その後の進歩」と改善する方法をお話します。重症喘息患者さん、好酸球性中耳炎・好酸球性副鼻腔炎を合併した喘息患者さん、好酸球性多発血管炎性肉芽腫の方々に役立つ話が入ります。

② 40歳の時に東京で公害喘息と認定され、全身性ステロイド漬けとなり、53歳で城北病院に転院された重症の S さん(城北病院に体験入院したことがある人は、あの S さんかとわかるはず)が、4つの総合的治療で最近とても良くなられました。このように紹介することを了解され、ゼミにも参加されます。「喘鳴がなくなった」と喜んでおられます。その4つの総合的治療についてご紹介します。

以上2つしか、ここでは紹介しませんが、そのような中身を知りたい、自分も少しでも早く試みてみたい方は、期限内にお申し込みください。

詳しい申し込みの方法や内容紹介は、3月30日付の喘息 ホット ニュースを見るとわかりますが、ここにも画像を添付しておきます。申込書は4月7日金曜日にご自分で訂正して申し込んでください。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone