喘息ホットニュース

城北病院新入医局員歓迎会・「新たな飛躍に向け懇親が深まった」開催報告

沢山の新しい医師が4月から、城北病院の医師として参加されました。お一人ずつタップリと自己紹介をして頂きました。アルコール類を含めて、飲み放題付でしたので、美味しい料理と共に、宴は盛り上がりました。

各テーブルからは「歓迎の挨拶」も行われ(左の立っている医師は私ではありません)、莇 昭三先生のお元気な「これまでの歴史を振り返ると、感無量である旨」の最高のスピーチがありました(右側写真で立っている人)。私も挨拶をさせて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

新しい先生がたの許可を得ておりませんので、写真には新入医局員のお顔は写しておりません。これからの医療活動の発展・充実が楽しみです。

昨日の寺井病院、喘息外来/報告

桜が散り、田んぼには早くも稲の苗が植えられ、水が張られていました。

 

 

 

 

 

 

 

タンポポは飛び散っていくものと、今を盛りに咲く花と隣合わせ、

 

 

 

 

 

 

 

玄関前の花壇は「春の花でいっぱい」です。暖かくなり、季節が、どんどん過ぎて行くようです。

 

2019わかば3月号14-15頁

豆階段36として

私の原点4 福島県喜多方での戦中の記憶・・・・について書かせていただきました。

そこからの教えということで、私なりに「まとめ」を書いた次第です。宮岸会長の中国での体験に、とても及びませんが、私の年代で「戦中の記憶を残している人も少ない」ので、書かせていただきました。

我が家の葉ボタンが、花を咲かせました

葉ボタンと花キャベツは、一緒とのことでありますが、こんな綺麗な花が咲くとは知りませんでした。

もともと咲いていたのかもしれませんが、気が付くことがなかったのか、それとも最近、外玄関口に置かれて、花が見事に咲いたのか、私はわかりません。わかば1月号の表紙に写真が載ってから、注目をしだしたのです。

2019わかば3月号11頁

石川県の地方紙

一面トップ記事でした。今年は昨年の4倍スギ花粉が飛びました。昨年の夏暑かった、花芽の成長が著しかったというのが原因です。

東京は昨年の6倍とテレビで報道していました。減感作療法や舌下免疫療法を受けてきた人は軽く済みましたが、無防備の方は大変だったようです。ピークは過ぎて、今は落ち着いてきたようです。ただし、黄砂やPM2.5とまじると、まだ影響が出るようです。お気をつけください。