喘息ホットニュース

わかば2017年9月6頁

日本喘息患者会連絡会コーナー

福島県の喘息患者会「きびたき会」が7月に解散されたという報告です。

気の合う仲間と会員同士交流はしていくそうです。気管支喘息という病気が、薬物でコントロールが良くなり、入会する人が少なくなってきました。

しかし交流の仲間は「気の合った人たちで続く」、そういう組織が多くなってきました。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

地元の人々・森尾市会議員も参加された交差点で、弁士として訴え。

「そうだ!」「そのとうり!」の掛け声も出て、終わってから「よかった。迫力があった」などと、おだての言葉もあり、何とか勤めを果たさせて頂きました。これからのの奮闘で比例区での2人当選、選挙区での黒崎さんの勝利が実現すると良いのですが・・・。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone